彼女が欲しいなら自分を磨けばいいじゃない!!

社会人未満

恋に仕事に友達にと全く足りてない人間の読書とか考え事とかそういうブログ

糖質制限では糖質0のお酒でも控えたほうがいいらしい、、、

どーも、まーさんです。

このブログはブサイククソメンデブの非モテクソ野郎の僕がモテるために奔走するブログということで、まずは清潔感を得るために絶賛ダイエット中(二日目)でございます。

前記事で糖質制限の秘策として夕食を糖質0のお酒とつまみにすることにより糖質を提案しました。

busakoi.hateblo.jp

が、なにやら糖質0のお酒でも糖質制限中は控えたほうがいいらしい、、、

 

 

 

 

なんか糖質0のお酒は控えたほうがいいんですってよ、奥さん

、、、

、、

あー完全にやられた。(やられてない、自己責任)

だまされた。(だまされてない、無知が生んだ結果)

糖質制限ダイエットって糖質だけ気をつければいいんじゃなかったのかよ。(なぜきちんと調べないんだ)

だから意気揚々と晩酌用の芋焼酎一升瓶で買ってきたのに。(バカ、ただのバカ)

f:id:busakoi:20170915221310j:plain

せっかく毎日飲むんだからとか思ってちょっと高いの買ったのに。(3000円、高かったな)

この俺の赤兎馬ちゃんどーしてくれんだよ!!(もう、自己責任(二度目))

クソかよ!!(自己責任(三度目))

完全にやられたよ!!(自己s(ry)

それにあまりにも赤兎馬美味すぎて昨日ロックで9杯も飲んじまったよ!(もうほんとバカ。前記事に飲みすぎはダメって自分で書いたじゃん)

どーしてくれんだよ、おい!!(もうこの人ダメ)

 

えーよく調べもせずに調子乗って酒飲みすぎました。

糖質制限では糖質0のお酒でも控えたほうがいいらしい、、、という情報を得たので、今後僕みたいな人が出ないように、また自戒の意を込めて記事にしておきます。

※この情報のソースは他のブロガーさんの記事によるものなのでこの情報の真偽はわかりません。調べてみてもお酒容認派非容認派どちらの方もおられるのでこういう考え方もある、程度の構えで読んでください。

糖質制限では糖質0のお酒でも控えたほうがいい理由

簡単に説明しますと

「肝臓がアルコール分解すんのに必死で、糖質の処理に手が回らなくなり糖質を脂肪にしてしまう」

ということらしいです。

以下でもう少し詳しく説明します。

肝臓の持つ二つの働き

肝臓の持つ役割には以下の二つがあります。

  1. アルコールの分解
  2. 糖質の処理

肝臓の働きとしてアルコールの分解は有名ですが、実は糖質の処理も肝臓で行われます。

処理の優先度

肝臓はアルコールと糖質が同時に摂取されたとき、優先してアルコールを分解(処理)します。

なぜならアルコールは身体に害のある物質であるからです。なので糖質の処理はアルコールの分解後に処理されます。

この時放置されている糖質はエネルギー効率の高い「脂肪」として身体に蓄えられます。

そしてこの脂肪がいたるところについて体をだらしなくするんですね。

最後に

このような理由で糖質0のお酒でも控えたほうがいいらしいです。

みんな!何かをするときにはきちんと調べてから行動するんだぞ!お兄さんとの約束だ!!