彼女が欲しいなら自分を磨けばいいじゃない!!

社会人未満

恋に仕事に友達にと全く足りてない人間の読書とか考え事とかそういうブログ

女心がわからない奴は女性アーティストの曲を聴きまくれ!!

どーも、まーさんです。

男性の方なら誰しもが思ったことがあるであろうコレ

「女心全然わかんねぇ」

男と女は別の生き物なんていう言葉もあるぐらいですし理解はし難いのでしょう。

しかし少しでも”女心”に歩み寄りたい、理解したい、知りたい、、、なんて方

女性アーティストの曲を聴きまくりましょう!!

※女心もわからないとか童貞かよ!wてかどの目線でこれから女心語るの?w等の感情を持ち合わせている方、そんな野暮なことは言わないように。当方童貞で童貞目線で女心を語ることに引け目はあるので、「それらの言葉はすごく効く」

f:id:busakoi:20170922153224j:plain

なぜ女性アーティストの曲なのか

 

女性アーティストの曲といっても今回取り上げるのは

女性が共感している歌詞を多く含む女性アーティストの曲」です。

 

まあなんというか、擦られ過ぎて今更名前を出すのも恥ずかしいですが

西野カナさんの「トリセツ」のような曲を思い浮かべて頂ければOKです(笑)

 

そのような曲を聴いていくことで”女心”に少し歩み寄れる、理解ができるんじゃないかと。

いまからその理屈を説明していきます。

女性の心境が言語化されている

女性はよく楽曲に自分を重ねて共感するといいます。

「わかりみヤバい!」だの「男はなぜこれがわからない」だのうちの妹もわーきゃー共感しながら聴きしゃべってるのをよく聞きます。

正直男の僕が聴いてもよくわからないこと多いんですよね。西野カナさんの「トリセツ」なんかその代表でtwitterで荒れに荒れまくってましたよね(笑)そんな感じでした。

しかしそのわからない歌詞こそ

 

妹や世の女性が共感している歌詞こそ”女心”なのです

 

女性はなんか知りませんけど自分の気持ちを伝えてくれません。

「なんか怒ってる?」と聞いても無視をします。

気づいてよ!のスタンスです。

その点女性アーティストの曲は女性に共感してもらうために女心をきちんと言語化してくれています。

男性は傾向として言語化して論理的に考えるのが得意です。(逆に察してなどは苦手でしょう)

なので女心をきちんと言語化してくれる女性アーティストの曲は女心を知るいい教材になるのです!

恋愛ハウツー本ではなく曲を聴け!

別に恋愛ハウツー本でもいいんですけどね。

恋愛ハウツー本には”このサインは怒っている証拠””脈ありサインを見極めろ”などの即効性の実用性の高い情報が載っています。だから女心分かってなくても、わかってる風にすることはできます。

しかし何というか、恋愛ハウツー本に書いてあることは公式なんです。曲にある女心は理論というか。

数学のテストで公式だけ覚えていってもその公式の理屈がわかってなければ、問題ひねられちゃうと全く解けない!みたいなのあるじゃないですか。

そういう意味で僕は理屈から理解するスタンスの”曲を聴く”ほうがいいと思っています。

今回の記事の目的としては、女心を少しでも理解することにあるので。

参考になった女性アーティスト

 

ここでは実際に僕が聴いて「女心感あふれるなぁ」と感じたアーティストの方とその楽曲を紹介します。

正直曲に関しては女性に共感されている曲であれば何でもいいと思います。好きな曲を聴きまくってください!

あいみょんさん

男性目線女性目線両方を書かれる方。少々過激な歌詞でメッセージ性の強い歌詞が僕はとても好きで聞いているのですが中でもこの曲。

「貴方解剖純愛歌~死ね~」

youtu.be

過激なPV映像と過激な歌詞でなかなか重い曲ですね。初めて見たときは度肝抜かれました(笑)

女性の独占欲についてかなり極端に表現されていたのでとても理解しやすかったです。

他の曲もメッセージ性が強く女心を強くあらわした楽曲が多いので是非聞いてみてください。

例えば「幸せになりたい」なんかもいいですよ。

他のアーティスト

とりあえず「西野カナ」「aiko」「加藤ミリヤ」「miwa」の女心四天王にはかなりの確率で女心についての歌詞・楽曲が多かった気がする。

特にmiwaの「ありえない!!」は女性のデートでの気合の入った服装ネイル等に気が付かない男性についての不満が書かれていてとても参考になる。

デートに向かう途中なんかに聴いていくといいのかなーとか

 

まあデートの予定なんて全くないけど

 

(´・ω・`)

 

まとめ

 

どうでしたでしょうか。僕みたいな「女心わからない」って方、結構いると思います。

そんな僕でもこれらの曲を理解しよう、歩み寄ろうというスタンスで聞くと何となしに分かる感覚が得られました

ただ曲を聴くだけですので通勤中通学中そんなスタンスで女性アーティストの曲、聴いてみては。

P.S.こんなこと締めで書くのもよくないんだろうけど、記事書くにあたってかなり曲聴いたんだけど、女ってめんどくせーな。