彼女が欲しいなら自分を磨けばいいじゃない!!

一周回って日記

彼女を作るため男を磨くブログ!と言いたいところだが、持ち前のメンタルの弱さから9割メンヘラ記事のブログ

ソープで童貞捨ててきて思ったこと(童貞向け)

ヤってきました

これで晴れて童貞卒業です

 

いま、終わってソープの近くのカフェで

この記事書いているんですが

感想の記事は気持ち悪すぎるんじゃないか?ここのプレイがうんたらで、、、ってのはさすがに、、、と思い

僕みたいだった童貞に向けての記事を書こうかと思う

ソープにいって得たものはなかなか大きかったので、少しでも参考になったらと思う

非童貞のかたは暖かな目で見てもらえると幸いだ

まず

童貞はすぐさま童貞卒業しに行ったほうがいいんじゃないか

これが今回いって思ったことだ

 

僕がソープで童貞捨てて得たことの1つ目は

セックス、特に序盤のセックスを重く捉えなくてもいいんじゃないか

という考えになったことである


これはあくまで僕の意見だが
童貞はセックスを重く捉えすぎると思う
下手くそや気持ちよくない
と思われたくないし
セックスにおいて完璧に近くなければ(使命感)
みたいなのがあるんじゃないかと思う

しかし、実はそんなことないのでは?

もっと軽く考えていいのでは?

そう思えたのだ

 

僕はソープ嬢と初対面しすぐさま童貞をカミングアウトし、セックスの流れや注意点等を聞いてきた

 

そこで、「セックスってどうやってやればいいんですかね」と漠然と尋ねたところ

 

嬢は

「セックスは人によって千差万別すぎるし、どれが良い悪い、上手い下手はあまりないよ。お互いに数を重ねて気持ちよくなってくもんだからね。」

と答えてくれた

 

セックスはあくまで相手次第だから、、時間をかけながらお互いに気持ちよくなっていくもの(嬢曰く)

だから僕たちはそんなに重く捉えなくていいのではないかと

なぜなら嬢の話によるとセックスがお互いに気持ちよくなるのは先の話で、序盤は探る段階

つまり

初回、序盤はセックスに関して完璧である必要はないんだと(いいように解釈してる感はあるが)

 

「初セックス不安だ、経験ないし」

「初セックスで気持ちよくさせなきゃ、完璧にリードしなきゃ」

と重く捉える必要はなく

 

「とりあえずセックスしてから考える」

 

くらいの軽い気持ちで臨んでいいんじゃないだろうか

 

嬢の話から無理やりここまで広げたが

軽い気持ちでいいんだ

この考えかたによって僕のセックスに対する気持ちは楽になったし

童貞のセックスに対する気持ちももしかしたら楽にするかもしれない

 

もう1つ行ってよかったことは

セックスの流れを体験できたことだ

セックスは千差万別と言っても

ある程度の型があるらしい

ここが重要だが

流れは自分で体感してきてほしい

できれば本命の本気で好きな女以外で(ソープとか、醜態晒してもいい人で)

調べた知識で好きな女と行為をしようとすると多分本番中全部飛んじゃう

 

僕はソープに行くにあたって

セックスのお勉強を多少した

流れもそうだしテクニック等々だ

 

しかし本番中に全部とんだ 

 

あたふたしてフリーズしてとりあえずチンコだけ立たせてる状況

この状況を好きな人に見せたくはないだろう

だからこそ、まずは流れを体験することは大事だと思った

お店でもなんでもいい、流れを一回体験するとおそらく少しは違うはずだ

 

ここまで完全に童貞向けに記事を書いてしまったが果たして僕のブログを見てる方にどれほどの童貞がいるのだろうか

まあいいか

僕から言いたいことは

童貞に価値などない、ソープでもなんでもとりあえず捨ててきてみては(2時間前まで童貞だった人の発言)

 

しかしソープで童貞卒業はメンタルにダメージが大きいかもしれない

ぼくの場合

通常ならプロとでなく、普通の人と卒業する童貞をプロで捨ててしまった悔しさ

道中のカップル(クリスマスイブだったのでバカ多い)をみたときの胸の苦しみ

そしてクリスマスイブにお店で童貞を捨てたという不甲斐なさ

かなりダメージを負った

しかし、得られたものも大きかった

 

とりあえず何かしなきゃ童貞は変わらない

負うダメージは大きいがソープで童貞卒業するのも悪くないと思うぞ