彼女が欲しいなら自分を磨けばいいじゃない!!

社会人未満

恋に仕事に友達にと全く足りてない人間の読書とか考え事とかそういうブログ

ジャイアント馬場さんのご息女ですかとメッセージした話

 

ジャイアント馬場さんのご息女ですか

 

そう、メッセージを送ったのは二日前

恋愛マッチングアプリ「with」での出来事だった

 

マッチングアプリ上ではマッチングが行われるとメッセージのやり取りが開始される

簡単に言うと男女どちらもいいなーと思ったらメッセージがやり取りできるわけだ

暗黙の了解で、メッセージの始まりは男からと決まっている

 

二日前、ある女の子とマッチングができた

22歳の一般会社員、韓国系の綺麗系な女の子だった

僕は、暗黙の了解通りメッセージを送ろうとする

ここで「はじめまして~」のような淡泊なメッセージはよろしくない

なので相手方のプロフィールや趣味に目を通し、少し気の利いたメッセージを送らねばならない

 

そんなことを考えながら彼女のプロフィールを見ていると

身長の欄に

「209 cm」

とあった

僕はこの数字に違和感を感じた

おそらく間違えて入力したのだろうが

ある違和感を感じていた

少し考えるとその違和感はすぐに分かった

「あ、ジャイアント馬場の身長じゃん!!!」

 

ぼくはもらったと思った

完全にジャイアント馬場ネタでつかみはもらったと

 

そしてすぐさまメッセージを送った

「初めまして、いいねありがとうございます。もしかしてなのですが、、、ジャイアント馬場さんのご息女の方ですか?」(原文ママ

 

この丁寧な表現、かつご息女という言い回し

その中に潜むジャイアント馬場ジョー

 

もらったも同然だった

 

 

その女の子からの返信はメッセージを送って二時間後にきた

 

「はじめまして」

 

はじめまして、、、だけ、だと、、、?

僕はすこしの時間待った

彼女はもしかしたら、返し、うまい返しを考えてるのかもしれないと

しかしその後彼女からメッセージが来ることはなかった

 

いや、有りえぬ

よく、、、よくこのメッセージに対して

はじめましてだけで返せるなんて

むずむずしないのか!日本の女の子よ!!

ここは何かしらのアクションを起こすところ、とむずむずしないのか!!

 

しかしその怒りを吐き出す口もなく

その若干の怒りを丹田で受け止め

彼女とのメッセージの交換を終わらせた

 

しかし振り返ると、この雰囲気のメッセージは気持ち悪いかもしれないとも思った

もっと軽く

「ちょっとちょっと!ジャイアント馬場じゃないんだから!」

とか、、、

んーちょっと思いつかないが

軽くいってたほうが良かったかもしれぬ

 

という話だ!!!

終わりだ!!!